本文へ移動

法人理念・使命

 ゆうかり学園の創設者「日野紀典」は1918年(大正7年)2月11日(紀元節)に粕屋郡箱崎町(現福岡市東区)にて出生、昭和14年九州医学専門学校(現久留米大学医学部)を卒業、直ちに陸軍軍医少尉として応召、同16年12月応召解除、その後九州帝国大学医学部第一外科医局に入局、同20年4月より宮崎県立病院外科部長に就任、同21年医学博士号を授与される、同22年11月久留米市東町に整形外科医院を開業
 昭和32年8月私財を投じ久留米市上津町に肢体不自由児施設ゆうかり学園を設立園長就任、同47年理事長就任、その後重度身体障害者授産施設耳納学園、重症心身障害児施設第二ゆうかり学園、身体障害者療護施設千歳療護園及び肢体不自由児通園部門コアラ園を逐次開設、心身障害児者福祉の充実に努めた、また全国肢体不自由児施設運営協議会副会長、全国民営肢体不自由児施設連合会会長等の職を数多く歴任、その指導力をいかんなく発揮し広く社会福祉全般に亘り先駆的役割を果たした
 平成2年1月1日、71歳にて没
 特旨をもって従六位に叙せられ勲五等瑞宝章を授与される

基本理念

福祉の原点は心である           
仕事はどれだけしたかより      
どんな心でしたかが大切である

この基本理念は創設者日野紀典が遺した言葉から選定しました。

使命

社会から信頼され、社会への経営責任を明確化し、社会へ貢献する

目的

  1,利用者本位のサービスを提供する
  2,利用者が楽しく快適で、安心して暮らすことの出来る施設作り
  3,地域福祉の推進
TOPへ戻る