本文へ移動

メンタルヘルス方針

 社会福祉法人ゆうかり学園(以下「当法人」)は、従業員一人ひとりの心身の健康が、職場の成長と発展につながる基盤であることを認識し、メンタルヘルスケアの確立および改善に取り組み、従業員が心身ともに健康を維持し活力に満ちて働ける職場環境の確保に努めます。

1.健康情報の提供

すべての従業員に対し、メンタルヘルスの基礎知識や、ストレスの予防・軽減・対処法などの情報提供を行います。
衛生委員会を設け、定期的に健康づくりに関する会議を開催します。

2.ストレスチェックの実施

すべての従業員に対し、ストレスへの気付きを目的としたストレスチェックを実施します。また、メンタル不調を予防するため、日々セルフチェックを行うことを推奨します。

3.相談体制の整備

従業員が心身の不調を感じた際に、健康の回復をはかれるよう、すべての従業員に対し、相談者への対応(話の聞き方、助言の方法等)についての教育を実施し、相談者が相談しやすい体制を形成します。

4.教育研修

役職員、管理監督者に対し、産業保健スタッフ、法人担当者がそれぞれの役割を理解し、状況に応じて適切な活動を推進できるように情報提供および教育、研修の計画的な実施をはかります。

5.労働環境の改善

業務改善による労働時間の軽減、計画的な年次有給休暇の取得促進などを通じ、肉体的・精神的疲労の蓄積の防止に努めます。
 
社会福祉法人ゆうかり学園
理事長 日野 博愛 
TOPへ戻る